糖尿病を知ることが歯科診療に役立つ!? 院内EBM勉強会〜開催編〜

 

8月の院内EBM勉強会のテーマは,「糖尿病と歯周病の関連性」でした.

PubMedで文献を検索し,

「歯周炎・糖尿病患者における歯周治療の効果:システマティックレビューとメタアナリシス」

という論文を選択しました.

従来のシステマティックレビューはHbA1Cの分析に限定されているものがほとんどであったのに対し,

この論文では全身の炎症に関連するものなど糖尿病合併症のリスクを軽減するための他の分析がなされているのがポイントです.

 

目的:歯周炎および2型糖尿病患者において,歯周治療は代謝コントロールを改善し全身の炎症を低下させることができるか?

方法:2型糖尿病患者において,HbA1CおよびCRPに対する歯周治療の効果を評価,452研究のなかからコクランコラボレーションリスク評価ツールを使用して研究の質を評価し,除外後に残った9つのランダム化臨床試験(RCT)を評価した.

統計解析:歯周治療を受けた群(介入群)と受けなかった群(対照群)を比較してHbA1CおよびCRPに対する歯周治療介入の効果を決定した.

結果:SRPはHbA1Cの低減に効果的であった.

 

 

結論:SRPは2型糖尿病患者の代謝制御と全身性炎症の軽減に影響を及ぼすと言える.

 

発表者の考察:口腔内の炎症と全身の炎症が相互に関わりがあり,歯周治療やメインテナンスをはじめとした口腔ケアが全身の健康に寄与できることが示唆されました.

このことからクリニックの患者の,自覚のある高血糖状態を有する者に対して,口腔の健康への動機づけのひとつになり得,自覚のない者に対しては,その口腔の特徴から気づき,生活習慣へのアプローチを行うことがきる.そして必要があれば内科等との連携により,患者を健康に導くことができると考えます.

 

2型糖尿病と歯周病は生活習慣が大きく関わることから,患者には行動変容,医療者にはそのサポートが求められます.

歯周病は糖尿病の第6の合併症であり相互に関連が認められることから,口腔のみならず患者を“全身的な”視点で見ていく必要があり,それを具体的な行動に起こすことで患者の健康に貢献できるものであります.

 

歯科からの目線のみにはなってしまいますが,おそらく双方の疾患や診療について知らないことが多く,それに疑問や問題を感じていない現状があります.しかし,医療者として,予防や重症化予防ができる可能性を少しでも広げていきたいと感じました.一歩ずつ.

糖尿病を知ることが歯科診療に役立つ!? 院内EBM勉強会〜予告編〜

来月の院内EBM勉強会のテーマは,「糖尿病と歯周病の関連性」です.

糖尿病は歯周病とともに有病率の増加が認められ,それぞれが生活に密に関わる疾患であることから,国民のQOLの低下の要因となりうると考えます.

この2つの疾患の関連性については1990年代から様々な研究で示され,現在歯周病は糖尿病の第6の合併症と定義付けられています.

定義づけられた背景をエビデンスに基づき理解することで,来院患者の口腔のみならず全身の健康に寄与できると考えたことがこのテーマを選んだ背景です.

論文を読み解くことだけでなく,皆が糖尿病についての理解を深められたらと考えています.

8月上旬の勉強会後、ご報告の記事を追加投稿予定です!

第38回EBM勉強会 小児における舌圧と顎顔面の関係性について

6月26日に麻生歯科クリニックとASO KIDS DENTAL PARK合同でEBM勉強会を行いました。

今回の論文のテーマは

Relationship between tongue pressure and maxillofacial morphology in Japanese children based on skeletal classification

(日本人の子どもたちの顎骨の分類による舌圧と顎顔面の関係性について)

J Oral Rehabil.2018 Sep;45(9):684-691

 

この論文を選んだ理由は、臨床において口腔機能不全がみられる子どもたちが多く、不正咬合の有無によって審美面だけでなく筋機能面においても発達に違いがあるように感じたからです。

この論文を読み解き、小児における顎骨と舌機能ついて学ぶことにしました。

以下論文の概要となります。

背景

小児期の舌機能は不正咬合と密接に関連している。矯正治療によって舌機能の改善が可能といわれているが、どの程度舌機能が改善したのかを検査する方法が誰もが安全に同じように使用できるものなのかという疑問がある。

小児の顎顔面形態に対する舌機能の影響を明らかにするために、舌圧および口唇閉鎖力を測定し、骨格分類に従って舌機能と顎顔面形態との関係を評価した。また今回使用した検査方法が臨床の場において定量的な評価基準となりうるのか検証した。

 

方法

100人の子供[平均年齢9.1±1.5歳、男児34人(9.30±1.2歳)と女児66人(9.1±1.5歳)]を対象にし、セファログラムを用いて3つのグループに分けた。

舌圧はJMS舌圧測定装置、口唇閉鎖力はLip deCum®LDC-110R、口蓋容積は非接触3次元デジタイザVIVID910を用いて測定した。

 

結果

結論

1)最大舌圧、嚥下舌圧および口唇閉鎖力は、下顎前突グループよりも上顎前突グループで有意に低く、前後の骨格分類による変動を示している。

2)最大舌圧と嚥下舌圧の間に強い正の相関が観察され、機能評価における有用性が示された。

3)嚥下舌圧と口蓋容積の正の相関は、舌圧と舌機能が口蓋形成に影響を与えることを示した。

4)将来的には、この研究から得られた情報を使用して、歯列矯正治療を必要とする子どもの舌機能を評価することを目指す。

 

以上となります。

私達の考察は、矯正治療中の子どもたちの治療前後の評価としての一つの資料になるのではないかと感じました。咬合・歯列の変化に加え、筋機能面においても、どのような変化が生じたのかを合わせて評価することで、矯正治療のメリットとしてさらに臨床の現場で伝えられるのではないかと考えます。

第37回 EBM勉強会

5月15日 麻生歯科クリニックとASO KIDS DENTAL PARK合同でEBM勉強会を行いました。

コロナウイルス感染対策のためZOOMを利用して行いました。

日々臨床において永久歯先天性欠如を有する患者さんに対応することが多いので

今回は永久歯先天性欠如をテーマとした論文を選択しました。

「永久歯先天性欠如の発現様式のメタアナリシス」です。

EBM20200331ブログ

初めてZOOMを使用し勉強会を行いましたが一同に介さなくても情報を共有できるので

コロナウイルス感染対策を取り今後も合同勉強会を続けていきたいと思いました。

第36回 EBM勉強会

 

麻生歯科クリニックとASOKidsDENTALPARK合同で

EBM勉強会を行いました

文献の題名は

Enamel roughness and incidence of caries after interproximal enamel reduction:

a systematic review

(エナメル質の粗さと隣接歯間エナメル質切削後のう蝕の発生率:システマティックレビュー)です。

 

当院では昨年からinvisalignシステムの導入し、患者さんへ提供しています。患者満足も高くとても良い治療方法だと考えますが、一方でエナメル質を一部リスキングすることによるう蝕の増加や進行について懸念されます。そこで今回のEBMはIPR後のう蝕の増加率を研究したシステマティックレビューを選択し検討しました。

 

文献の結果としては、“IPRで処理した歯の表面と対照歯の表面との間でう蝕の発生に統計的な違いは示されなかった”です。しかし、IPR後の“エナメル質の荒さ”に関してまだエビデンスに基づく結論を引き出すことは困難であり、当院での課題も見えました.

 

第35回 EBM勉強会

最近、当院において象牙質知覚過敏症に対する使用薬剤としてグルーマ、ティースメイトを相次いで導入しました。

そこで馴染みのないレジン系DH抑制剤であるグルーマの臨床的効果について調べてみることにしました。

 

 

テーマ「象牙質知覚過敏症における使用薬剤の効果について」  

 

今回引用した論文

Clinical efficacy of resin-based materials for dentin hypersensitivity treatment

Am J Dent 2017; 30(4): 201-204

 

レジン系材料の象牙質知覚過敏症(DH)治療における臨床的効果

 

(目的) 

レジン系DH抑制材の実際の患者への効果を、二重盲検法を用いて6ヶ月後まで診断して評価することで、安全かつ有効な治療法としてレジン系材料を用いることが可能であるかを検討した.

 

(方法) 

DHを訴える30名の成人患者が二重盲検法による臨床試験に参加した.DHの診断は2秒間の圧搾空気による刺激を用いて行った.

DHの痛みの評価はVAS法を用いて判断した(0:痛みなし,10:激痛).30名の成人患者の179歯に対して,コンピューター制御ランダム表に基づき3種のDH抑制材の1つを無作為に塗布した.

DH抑制材としてはクリンプロXTバーニッシュ(3M:CV),クリアフィルSEプロテクト(クラレノリタケデンタル:CP)、グルマ2ボンド(ヘレウスクルツァー:GB)の3種を用いた.

DHの痛みはVASスコアを用いて、術前、術直後、1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後に判定した.

 

(結果) 

DH抑制材の治療効果は、CV、CPおよび、GBとも術直後にVASスコアが優位に劇的に減少したが、1、3、6ヶ月間では治療効果に有意差はなかった.

また3種の製品間でも有意差は認められなかった

 

(考察)

 

今回の臨床研究の結果から,レジン系DH抑制材の塗布はきわめて有力な治療法であることが明らかとなった.

臨床実感と異なる結果であったが,今後使用時には確実な防湿をし,長期予後に期待したい.

ただしレジン系DH抑制材はレジン修復を阻害するので適応には症例を選択する必要がある.

 

 

 

 

 

第30回 EBM勉強会

 

今回は第30回目となるEBM勉強会が行われました。

当院では月に一度、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士が集まり、論文を読むことで根拠に基づく正しい知識を得て、患者さんに還元できるよう勉強しています。

今回は歯科衛生士2年目となり、初めての発表でした。先輩方にご指導いただきながら、論文を翻訳して読み、内容をまとめて発表させていただきました。

私たちのグループでは、CAMBRAでのリスク患者におけるフッ素応用手段も増えている中、成人の露出した根面齲蝕の予防および阻止手段で薬剤か充填か、どちらの方が有効であるかという疑問を持ちました。

テーマは「根面齲蝕の予防および進行抑制における効果的な処置方法について」です。

前回は同じテーマで薬剤であるサホライドに焦点を当てて調べており、今回は根面齲蝕の修復で使用することが多いグラスアイオノマーセメントを用いた充填について調べました。

選んだ文献がこちらです。

「Prevention of secondary caries using silver diamine fluoride treatment and

casein phosphopeptide-amorphous calcium phosphate modified glass-ionomer cement

フッ化ジアンミン銀とCPP-ACPを配合したグラスアイオノマーセメントを用いた

二次カリエスの予防」

Journal of Dentistry 57 (2017) 38–44

この研究はメルボルン大学と香港歯科大学の共同研究です。

論文の検索サイトPubmedにて5年以内の論文で最も疑問に即していたためこちらを選択しました。

以下に内容をまとめます。

1)目的
研究の目的は、従来のGICまたはCPP-ACPを配合したGICとフッ化ジアンミン銀塗布を組み合わせた時の齲蝕予防への効果を調査することである。

2)方法
修復グループ用の32個の小臼歯に窩洞を形成。

グループ1:従来のGIC修復

グループ2:SDF(38%)治療および従来のGIC修復

グループ3:3%CPP-ACP配合GIC修復

グループ4:SDF 治療および3%CPP-ACP配合GIC修復

修復された歯は、劣化プロセスを経て4種の齲蝕原生細菌に暴露し7日間培養した。

その後①マイクロCTにて象牙質の脱灰の深度を測定、②フーリエ変換赤外分光法により第3象牙質の化学構造の評価および③エネルギー分散型X線分光法で歯根象牙質のミネラル含有量の変化の評価を行った。データは、二元配置分散分析によって分析した。

3)結果

①グループ1〜4のマイクロCTで測定した脱灰の深度は、それぞれ123±6μm、87±7μm、79±3μmおよび68±5μmであった。脱灰の深さに対する相互作用効果が、CPP-ACP配合GIC とSDF 治療の間で見られた(p<0.001)。SDF治療とCPP-ACP配合の両方が、外病変の深さに有意な影響を及ぼした(p<0.001)。

②フーリエ変換赤外分光法では、SDF 処理とCPP-ACP配合GICが第3象牙質の化学構造の変化を評価に有意な影響を与えることを明らかにした。(p = 0.001)

③エネルギー分散型X線分光法より、グループ3および4の修復物に隣接する歯根象牙質でカルシウムとリンの増加を示した。

4)考察
結果は、フッ化ジアンミン銀塗布が二次カリエスの進行に対する耐性を増加させられることを示した。さらに、フッ化ジアンミン銀塗布とCPP-ACP配合のGICを併用した場合、二次カリエスの予防はより実質的であった。回の文献よりフッ化ジアンミン銀塗布のみでも一定の効果が確認されているが、根面齲蝕において実質欠損が生じた場合に、フッ化ジアンミン銀塗布とCPP-ACP配合のGICの併用が適応であると考える。しかし、CPP-ACP配合のGICは現在日本では購入困難であるため従来のGICとフッ化ジアンミン銀の併用が最も効果的であると思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は今回初めて一から論文を読み、皆さんに理解してもらえるようにまとめることの難しさを身をもって感じました。知識を得ただけでなく、いかに患者さんにわかりやすく伝えていく大切さを改めて考えることができました。患者さんがより安心できる空間と健康を提供できるよう臨床に活かしていきたいと思います。

第29回 EBM勉強会 

テーマは“黒い着色の有無によるう蝕のなりやすさについて”です。

臨床において、黒い着色をもつ子どもたちが存在しますが、原因とう蝕との関連性について疑問をもち、今回の文献を検索しました。

 

文献のタイトルは

Black stain and dental caries in

Filipino schoolchildren

(フィリピン人学童の黒い着色とう蝕について)です。

 

結論は、黒い着色の存在は低う蝕経験と関連しているが、黒い着色のある子どもにおけるう蝕の分布の違いは認められなかった。

黒い着色、う蝕、口腔内細菌叢および食事の相互作用は不明のままであり、さらなる研究が求められているというものでした。

原因については明確にはわかりませんでした。

今回の不明点や、新たな疑問点である“黒い着色を未然に防ぐ方法”についてはブラッシュアップをするなど、今後も患者さんの口腔内を健康に導けるような情報を皆で勉強し続けたいとおもいます。

第28回EBM勉強会

麻生歯科クリニックとASOKidsDENTALPARKの歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士合同でEBM勉強会を行いました

当院では臨床で疑問に感じた内容について文献を調べることで科学的根拠に基づき解決するようにしています。

経験に基づき先輩やセミナー講師などの専門家の方々の意見も大事ですが、やはり自身で疑問の解決に導き、答えを知っていくことが、臨床力を高められ自信を持って患者さんに対応することできると考えています。

本日のテーマは“様々な歯冠形態における歯肉炎症との関係性について”です。臨床の中で歯冠長の違いによって歯肉炎が治癒しにくいバイオタイプがあるのではないか?との疑問をもち、今回の文献を検索しました。
発表では、なぜその疑問に至ったのか? PICOを活用し疑問の形式化を行い、
論文の検索方法と論文の選定に至った理由を話します。その上で研究方法と妥当性を検証し、できるだけ批判的な吟味を行うようにして行きます。そしてスタッフに理解していただけるようにプレゼン資料を作ります。EBMチームは3人体制で構成されています。

まだまだEbmerには程遠く準備に3週間程度かかります。

文献の題名は

ation of Clinical Expression of Plaque-induced Gingivitis:Effect of Incisor Crown Form

(プラーク誘発性歯肉炎の臨床的発生の調節:切歯冠形態の効果)です。

結論は、歯冠形態と解剖学的バイオタイプの関連性はあるものの、歯肉炎症症状への影響はないというものでした。文献で得た知識を周りのスタッフとシェアし、診療を質をレベルアップできるよう継続して勉強して行きたいとおもいます

 

 

第27回EBM勉強会

第27回EBM勉会

 

2019年5月27日 グループB 篠原 増井 望月

「Trajectory of social inequalities in the treatment of dental caries among preschool children in Japan」

〈背景〉

 むし歯をはじめとする歯科疾患は、罹患する人がとても多い疾患であり、小児のむし歯の治療は、家族の支出、小児の学校の欠席また両親の職場への欠勤を増加させる。う蝕の社会的不平等のために、社会経済的地位が低い家族では小児う蝕治療の負担が増大している

しかし、この健康格差が子どもの成長に伴ってどのように推移していくかの報告は世界的にも少なく、特に未就学児における報告は存在しない。そこで本研究では、厚生労働省の実施した追跡調査のデータを用いて未就学児におけるう蝕治療の経験の推移を明らかにした

〈対象・方法〉

 厚生労働省が実施する「21世紀出世維持縦断調査」は、全国の2001年1月10日~17日と7月10日~17日の間に出生した子どもを追跡している、日本のこの世代の子どもの代表的なデータとなるコホート研究である。

 これを用いて35.260人の子どもたちの過去1年間のむし歯治療を受けた割合を2歳6ヶ月から5歳6ヶ月までの期間について分析した。両親の教育歴を格差の計算に用いた。

学歴は中卒・高卒を低い学歴、大学等以上を高い学歴と分類して格差勾配指数と格差相対指数を算出して格差を評価した。

〈結果〉

 過去1年間のむし歯治療を受けた割合は2歳6ヶ月の時点で10%未満だったが、5歳6ヶ月の時点で30%以上に増加した。親の教育歴が低い家庭の子どもではむし歯治療経験は8.5%から41.5%に増加。一方教育歴の高い家庭の子どもでは5.6%から31.5%の増加。家庭の教育歴により、むし歯の健康格差が拡大傾向にあり、格差勾配指数でみると2歳6ヶ月の時点で4.13だったのが5歳6ヶ月では15.50となり統計学的にも優位な格差拡大がっ認められた。

〈まとめ〉

今回、リテラシーについて調べることにより、どの様な患者に対してチェックする必要があるかを認識することができ、その子の本来のリスクをしっかり判定することができると思った。

また、小児患者のカリエスリスクに関しては、知識だけではなく保護者の健康管理も重要になってくるため、来院された患者に関しては、よりいっそう家族での歯科受診を勧めていきたいと思う